由来カテゴリの記事一覧

風林火山の由来は?

スポンサードリンク
風林火山(ふうりんかざん)は、甲斐(山梨県)の
戦国大名・武田信玄の旗指物(軍旗)に記された「疾如風、徐如林、侵掠如火、不動如山」の通称。

実際にも使用されたが、江戸時代以降の軍記物などで
武田軍をイメージするものとして盛んに取り上げられ、
現在でも多くの人が「武田軍」といえば真っ先に「風林火山」を想起させる。




風林火山のことがマンガで3時間でわかる本
タグ:信長の野望
| 由来
大河ドラマ」の先頭へ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。